スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3本ローラーデビューー

本日2回目の日記です
自転車を始めたきっかけ「クロスバイク(出会い編)」
ちょっと明日に見送りとして。

この興奮をぜひ今伝えなければ。

3本ローラーデビューしました

昨日整備を終えたクロスバイク「小鹿」でちょっと野暮用を済ませに出かけました。

はい!でましたよ!!

走りたい症候群がでました。
アドレナリン全開
急きょ愛車を会いに行くことにしました(往復30キロくらいかな)

るぅ猿「おとぉさ~~ん
    今日もきた~~~~!!!」

そう!
愛車ロード「キース」を保管してもらってるいきつけの自転車屋さん。

おやっさんは沢山知ってる人生の大先輩、るぅ猿のすごく尊敬してる人です。
その息子の某●かぴんは素敵なメンです。
顔に似合わず、笑うと素敵笑顔の青年です、でもスパルタです。

おやっさん「おぉ~~きたかーーー」

いつも我が家のようにお邪魔してすみません

るぅ猿「いたーーーいたーーー元気してたか?じゃじゃ馬会いたかったぞ~~調子はどうだ?」

じゃじゃ馬「・・・・・・・・」

るぅ猿「おとぅさん彼より先にローラーに乗るんだ!あたいは!」

おとぅさん「そっか!じゃ教えるから、ちょっと見てろ!」

るぅ猿「キターーーー」

以下るぅ猿奮闘記

おとぅさん  ローラーを乗る小技

①まず足置場を作る(木の椅子)
②片手を壁に添える
③チャリにおしりを乗せこぐ
④手に力を入れるな 添えるだけ(最重要)
⑤ある程度スピードでこぎ、壁に添えた手をハンドルに
※この時、手に意識が行き、足を止めたりしたらアウト
 この時、手に力が入り、車体がぶれます、立て直そうとすると、こけます
 この時、車体がぶれても、気にするな、こぎ続けろ
⑥太ももがばたばたします(膝でバランスとってるのはボツ)

要は?

恐れるな!こけろ!ぶれろ!意外といけるから!

最初教えてもらってから

るぅ猿「おとぅさん、中に入ってて~自主レンです!!!

じゃじゃ馬キース「おめぇに乗りこなせない!」

るぅ猿「だまって言うこと聞け!」

じゃじゃ馬キース「オレを傷つけたら、走ってやらないからな!」

るぅ猿「だまって体を張れ!」

じゃじゃ馬キース「へいへい・・・・」


そんなことぶつぶつ言いながら
結局10分くらい壁から手を離せず
2回ほど軽くこける
苦戦する


途中おとぅさんが様子を見に来てくれて
おとぅさん「支えてやるから手を放してみな」

るぅ猿「怖いっす」

じゃじゃ馬キース「2回もこけやがって」

おとぅさん「支えるからやってみろ」

るぅ猿「はい・・・・」
おそるおそる手を放し、ハンドルへ

おとぅさん「ほれ!乗れたじゃん」

るぅ猿「まじっすか!」

グラっ!

ガシャーーーン!

じゃじゃ馬キース「・・・はよ!乗れ!」

るぅ猿「やったーーーーーおとぅさんやったーーーー」

おとぅさん「あとは、練習あるのみ!」

るぅ猿「はい!!!!うぅ~~親子そろってスパルタだ

でも乗れたぞ!!!!!!!!!

じゃじゃ馬キース「うむ。」

るぅ猿「よろしゅう!」

以上るぅ猿ローラーデビュー劇場でした~

これからトレーニングの日々。
楽しみです。

よかったらぽちってください^^


にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ロードバイク・ツーリング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

格闘がよく分かりました笑
難しながらも乗れたのスゴい!手はそえるだけで漕ぐのは絶対難しい。
荒サイで手放し練習してからもいいかも!

No title

luiganoさん
ローラーで手放しを最終目標に掲げ行いたいです。
荒サイで手放し練習!!!
いいですね!!!
シティサイクルすら手放しできないあたい・・・
ローラーはおうちではうるさくてできないのではないかとうちのお方が><
おとぅさんとこは地べたなので思いぞんぶんローラーができます。
めぐまれてます^^
プロフィール

るぅ猿

Author:るぅ猿
気の向くままに更新していく予定です。
るぅ猿の愛車がよく登場します。
まぁ・・・趣味ブロです^^
ゆっくりしてってください^^

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
くまックアフロ2

powered by ブログパーツの森
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。